ブログ

ウルトラソロブルベin山形400㎞ライド

こんにちは、自転車おじさんです

昨日東京から山形まで400㎞ライドして
今日昼前には新幹線で東京に戻ってます

あ、今福島で連結完了したwwガゴッって。

あんなに辛かった福島ー山形間ですが、新幹線だと1時間くらいで着いちゃうってゆう

文明って、すごい。

新幹線マンガも読んで暇なんでblogでも書きます

400㎞なのでちょっと長くなるかも

平成最後の初夏、山形県東根市までのライド物語

天気予報も微妙だったし
妻と約束したことは

無理しないこと。雨ならそこで帰ってくること。

朝も目が覚めたらいく
位なテンションでした。

前夜は娘に自転車で山形行ってくるねって言ったら
「一緒に自転車で行きたい!」「なんでダメなの?!ならパパが車で運転していきたい!」と駄々こねて喧嘩になりました。

どっちも子供的理論

出発は4時前。

日の出は4時半なので、明るくなる前の出発

自転車もブルベ使用です

ブルベに関してはこちら

(まぁ僕はくそ長距離の事を勝手に言ってるだけです。認定なんてない)

散々考えた予定表は道程意外はほとんど当てにならず(笑)

埼玉県は、この前羽生まで行った道程を覚えてるし、車通りが多くなる時間は一気に過ぎようと思ってました。

とりあえず、4号に入って宇都宮までどうか、がポイント。

僕と羽生にいるスプリングマンって1番の友達と
小学生の頃茨城県古河市にホームステイ&少年自然の家?みたいなとこに1週間くらい来た覚えがある茨城県古河市。

せっかくなので古河のコンビニでトイレ。

あっという間の茨城県を過ぎたら栃木県に。

そしてまぁここから福島県までが長かった長かった。

平坦時々だらだら上り基調

でも特に疲労は無し

なんかお腹すいたなーと思い始めてお店に入ろうとしてもどこもやってなくて(笑)

9時前だし。

コンビニで補給

僕は暑い時期はボトル2本持っていって

1本はスポーツドリンク
1本は氷水

このコンビニは使いやすい氷あってよかったー。

気がついたら初休憩、100㎞以上はしったのかー

あと4倍あると思ったら帰って風呂とビールでもありだな、って思い始めました。

ここから爆走

でしたが

焦ってもいないし、楽しもうと思い

1枚写真を

景色良すぎでしょ。

疲労も特に無し

今回ライドの目的は
『那須塩原の先輩に10周年のお祝い』
『福島の友達にカラー剤あげる』
『姪っこの忘れ物を届ける』

でしたので

栃木はいったらドヤドヤそわそわしてたんですよね

真っ直ぐいくのもいいけど
寄り道は最高にワクワクしますよね

お祝いなので手ぶらではなく
ちゃんとお花を持って、那須塩原で買ったらそこのお姉さんたち(推定50over)と盛り上がって話しちゃって
娘さんが僕が住んでるとこに今大学でいて
もう一人は新婚の頃住んでたとこ出身の人で
関係ないこと話してばっかでしたが、東京から自転車できたっていったら半信半疑でした。
こんなぴたぴたの格好してんのに。

丁寧に先輩の店を教えてくれました

でも近隣の方々から知られている先輩の「森の中にあるお洒落な美容室」すごいですね

ちょっと走るとありました

いやぁ
ドキドキするぅー

一緒に写真とってもらおうかなぁー

車あるぅー

なんて言って入ろうとかなぁー

と、入ったら…

あれ?

暗くない??こんなもん?

美容師さん「すみません、今日定休日で…」

お、おう。

完全にミスでした

調べに調べて電話番号まで調べてきたのに

定休日かー

月曜日だと思ってたー

とんでもない逆サプライズ

悔しいけどお店の前で写真

友だちに「先輩のとこいるぜーふっふーー」ってメッセージした5分後に「いなかった…」って泣いてLINEしました。

気をとりなおして福島県に突入します

軽めの峠を越えて福島県いり。

ちなみに僕が使ってるアプリは【ストラバ】ってやつです

峠こえたコンビニにはサイクルラックがあり、目の前にはベンチ

FBに投稿したのはこのタイミングでした

本日2度目の休憩、200㎞で半分。

体力は問題なし、ハンガーノックになる前に補食

足ももってる、心配してた膝も痛くない。

雨降らないなぁ(笑)とか思いながら。

あとは郡山、福島まで一気にいきます。

ずーっと下り基調、と言うか下り。

上りより車より、下り怖い

人の心理なのか、うす暗くなると写真も撮らなくなりました。

そのかわり反射ベスト着て
リアライト3つつけて
フロントライトも2つ

何より1番怖かったのは各種充電切れ

携帯はモバイルバッテリーで白河(休憩のとこ)をでたとこで充電して手元に無い状態
ライトは点灯と点滅を2つ

下りの暗がりめっちゃ怖い(笑)

そうこうしてると郡山に

完全に不審者ですね

1回目の休憩で気がついたんですが
後輩ちゃんにお土産カラー剤忘れて行くの止めようかと思いました

それより行くの止めようかと思ったのは通りすぎてたこと。

スマホンという文明の利器に頼っていたツケで壮大にカウンターパンチ喰らって
10㎞くらいの余計な距離でしたが、友だちの天使感で少し回復。

もう完全に夜

さっきまでお店が開いてないとかいってて街は完全に店じまい

人の大切な1日が過ぎているのに僕はずっと自転車漕いでただけ。

不思議ですね

もはや思考も逝ってました

福島駅にて。300kmくらい。

体力より足より(下りなので休めた)

電力が力尽きていて

盆地の福島に入る下り途中で切れたらどうしようか思ってました

福島からは直ぐに山に入るので、絶対ここでで電力は満タンにしとかなきゃいけないのと、夜の山に入るほどの勇気はないし(笑)
何より僕の足(スピード)だと先にライトの電気切れて
待ち受けるのは死、あるのみでしたので

ゆっくり仮眠とりながら夜明けを待ちました。

夜明、すっかり顔が死んでます(笑)

残り4分の1だし、山形で誰かに凸っていこうかなーとか思っていた頃

至る所で工事がされてある

あの地震は東京にいるとすっかり過去だけど

ここではまだ現在進行形

そういえば通り道で◯◯町避難区域、◯◯役場とか看板よく見かけた

ここから既にのぼり。

サイコンはちゃっちいので勾配が表示されないことが唯一の救い。

町が山の傾斜にそってある所をのぼる。

写真は民家が途切れたところ

心も途切れるかと思った

僕が通ったのは

この46から113にぶつかる七ヶ宿の峠

広域にするとこんな感じ

実際は七ヶ宿から上山にぬけていく道をいきました

もう4分の3過ぎてるし
感覚的にはメインデッシュも終わってあとはデザートだけじゃないすか

しかも山形はいっちゃえば土地勘もあるし

ところがどっこい、この峠のデザートが重いの辛いの苦しいのって

天気は曇りでパッとしないし

景色といったら

ここはあの世ですか?この世ですか??

あれ?気がつかない間に逝っちゃった?

峠って車通らないし

自販機もないし

廃れたドライブイン跡みたいなのがあるだけ

山だらけの日本中どこもそうだと思う

崩れゆく過去を眺めるだけ

そこに人がいた、思いがあったなんて人知れずに

僕の生まれ育った地区もそう。

雄勝峠と主寝坂峠の合間にある及位ってとこ

自転車で今度いきたい

あんなに嫌でダルかった自転車通学なのに不思議なもんだ

辛すぎて妻ちゃんの名前と娘、長男、次男の名前を交互に口にしながらペダリングしてしました

途中のダムにあっためっちゃ大きなオブジェ

遠目にみると怖い

お祓い意外は行っちゃいけない道

そういや鳥居けっこうあったな

大きいものってこわい。

オバケも怖い

ちょっとしたトラブル

しかし準備は出来る限り万全にしてきたので難なく。

そうそう、これが姪っこの忘れもの(らしい)

娘ちゃんから「人形とくしは◯◯のね!袋はあたしのだから持って帰ってきてね!」と

御守りです、既に。

気持ちは何度か折れていましたが、もう折れる部分もなかったので進みます。

ちょっと回復。

気がつくと山形県

心が一気にかるくなる

同時に水分も底をつき、補給食もなくなり半分ハンガーノック(お腹好きすぎてなんにも出来なくなること)
車でいうとこのガス欠。
エンジンは自分

人里に降りてきて最後のご飯休憩

いいですねぇ
鳥海山!THE山形県!!
午前中だというのにこの曇天!!

山形市に入ればあっという間です

天童市へはいります

この時点で「どっか寄って凸ってこうかなー」なんてヘラヘラした気持ちは一切なくなっていました

羽陽短大前を通ります

懐かしすぎ。詳細は控えます

僕が住んでた頃はなかった道を通りました。

コストコもなかったし、この通称”イモ天”もなかった。

めっちゃ大きいジャスコ??

っと

ここまできたら母親に「お風呂のスイッチいれといて」とメッセージを

僕が自転車で山形までいくとか言い出して死ぬほど心配していましたが

帰ったら第一声は「おかえりなさいー。あら、なんか汚いわね」でした。

と言うことで

無事到着!!

総距離429㎞!!

時間は22時間!(休憩と信号待ちは含まれない)

獲得標高3866m!!

本気で逝ってしまいそうでした。

近くに住んでる姪っ子も駆けつけてくれて

「おーすけおじちゃんめぇつぶってー」とメダルをかけてくれました

愛でしすぎだぜ

乗ってる途中あれこれ考えたし

色んな思い出も思い返しました

ネットっていいなぁーとか、文明の利器は便利だなぁとか思っていても、やってることは”自分の足で進む”と言うとんでもないアナログなことで

案外僕みたいなポンコツでもやろうと思えば出来ちゃったって事

速さとか距離とか比べたらもっとすごい人達は僕の近くでさえも沢山いる。

なんでもそうだけど

“やる”か”やる”かだし

やらないで後悔よりやって後悔の方がずっと良いってこと。

美容師の僕は美容意識高く日焼け止めもってったけど落としちゃって

途中で諦めて日焼け止め塗らなかったらディバイディングラインをつくってしまいましたとさ。

高橋、平成最後の初夏の思いで。

何だかんだで家が良いし

妻ちゃんと娘ちゃんと長男と次男に会いたい。


ピックアップ記事

  1. マンガの本棚 16
  2. 【ハイ透明感】引き続き新カラー剤《PROMASTER APPLIE》を試してみた…
  3. 開幕まであと3日!!B.LEAGUE!!
  4. 生後6か月の息子の様子が妻から慌てて連絡がきた
  5. 娘が手に負えないけど手で追わない。

関連記事

  1. 自転車生活

    富士吉田と夜明け前

    自転車にのれない日々が続いておりましたね雨ェ、筋肉がおちていか…

  2. ブログ

    LINE@で友だちになろう!

    イチ美容師です。東京都国立市、南武線の西国立と矢川の間で“小洒…

  3. ブログ

    マンガの本棚を考える番外編。〜その後どうすんの?の巻〜

    平均すると週に2,3冊くらい購入していますマンガ野郎ですゴ…

  4. ブログ

    甥っ子が誕生してました

    弟のとこに二人目の子供が誕生しました。ちょっとちっちゃく産まれたの…

  5. ブログ

    自分の知らないジブンノキモチ

    二児の父です長女が産まれる前までは「俺は男の子の親父」になるものだ…

  6. ブログ

    第3子が誕生しました

    2018年1月15日第3子の愛息が誕生しましたど…

最近の記事

PAGE TOP