ブログ

結婚

“結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです”

何年か前にリクルート(ゼクシィ)のCMで有名になったフレーズが頭にガツンと残っています

心に~とか、忘れられない~とか、そんなんじゃなくてガっツンと殴られたみたいな感じで忘れられない。

僕は30歳で結婚した人生なので
しないでいた方が幸せなのか、した方が幸せなのかは分かりません(だってしてるから)

ただしてなかった人生は容易に想像はできて
今頃その辺で飲んだくれてるのでしょう
そう思ったら今と大してかわりはありません

結婚願望が全くなかった僕が奥さんと結婚した理由は「不幸なときでも一緒にいれると思ったから」で一緒に幸せになろうとか、ましてや幸せにしてあげるとかこんなポンコツが思えるはずもなくて
前述の“ひとりでも幸せ”と思っていたタイプだと思います。

そんな僕ですが、結婚(式)して7年になりました
(入籍して半年後くらいに結婚式したので今年は8年になるのか)

今でも二人の時は手を繋いで歩くし
お互いの事は絶対にパパとかママとかお父さんとか呼ばない(だけど長男はママの名前が怪しい※3歳現在)
二人で会話することは子供の事と事業の事と、再来月の入学式の事になった

令和のこの時代は個人(というか二人)がどんな形で生きていくかがもっともっと細分化され
結婚=幸せの定義みたいなのは2世代も前の価値観でしかないように思います

子供がいる自分なんて想像もできなかったけど
みんな隣の芝生が青く見えるだけで一人が良かったのか二人が良かったのか五人が良かったのかは今の目の前を生活してるだけでは判断はしずらくて

だけども結婚しなくても幸せになれたこの時代に、
僕は、あなたと子供と日々の“普通の生活”を過ごしたいといつも思っている

そんな8年目でした。


ピックアップ記事

  1. 息子氏スクスク
  2. 僕の朝ごはん
  3. 【卒業式】クールな袴とオシャレ個性派なヘアアレンジ
  4. この世で一番○○が好き
  5. 末っ子がオーディションに受かってた話

関連記事

  1. ブログ

    同級生は数にしたら多分100人未満

    おばんです。地元と言えば山形県一言で山形と言いましても…

  2. ブログ

    ケミカルおじさんと出会って消耗しました

    日曜日の夜は隔週で勉強会です。練習日ではありません、勉強会です…

  3. ブログ

    独身生活と指切り

    妻子が実家に帰っています心が乱れた訳では…

  4. ブログ

    雪国

    天気予報で、ヤバいと言われるとたいしたことなくて油断してると結構す…

  5. ブログ

    早朝時間が好き

    成人式が終わりましたね美容師やそれに携わる人にとっては1年に一回の行事…

  6. ブログ

    1週間お疲れ様でした俺

    週末になると「高橋さん疲れてますか?」「体調悪いですか?」とスタッフに…

最近の記事

PAGE TOP