一姫二太郎三なすび

保育園最後の運動会

娘5歳(年長)
保育園最後の運動会へ

はじめて参加したのが0歳クラスで
もう6回目なのか

毎年土曜日開催で、午前中に終わるともありその後仕事にでていて
出番最後まで見て帰っていたんですよね

今年は3人の子供が揃っての最初で最後の運動会!
と思ったら雨で体育館開催に末っ子は中止

4分の1?くらい縮小されたコンパクトな体育館運動会でした

朝からいつものように5人家族は大戦争で
妻ちゃんはぶちギレること2回

「すんなり」とか「穏便に」とかあまり無くて心が朝から削られます

年少の長男氏、意気揚々
わかるぞ、俺の息子だからな。こうゆう日楽しみなのすごいわかる。

会場の体育館に着いたら
開会式もなく準備体操もなく(去年は娘ちゃんがみんなの前に立って体操した!)

「はい!3才年少のダンスでーす!」的に音楽と共に入場…

入場。

ん?!?

長男氏…

泣いてる?(笑)

泣いてるな。わりとガチめな感じで声だして大泣きしてる?(笑)

うwwけwwwるwwww

いやいや、何で泣いてるんよ

ってわかるんですけどね、泣いてる理由

妻ちゃんめっちゃ笑ってるし

公園とか、外とか
大きな音がよきせず鳴る“大きな音”が苦手で

準備せずきたから泣いてる(多分だけど)

あんなにダンス好きなのに
終始泣いて終わるって(笑)

僕らはイレギュラー大好きなので良しです。

そんなことよりも娘ちゃん、鼓笛隊やったんですよ

毎年の恒例で年長がやるんですけど
5年前のはじめて参加したとき
去年のすぐ上のよく知ってる子達がしたとき

ゲロ泣き

こ、これを…娘がやるのか…

とか(笑)

人ん家の子で想像して泣いていたのに

いざ自分の子になるとそうでもなくて
じーんとも何ともこない

これも新たな自分の発見、ということで

でも組体操とか、大縄とびとか
涙なしには見れませんでした(結局)

歳とったのかなぁ

最近子供(と言うか長女)の成長についていけてないのか親の僕が受け止めきれないのか
やって欲しくないこと
言って欲しくないこと
諸々ふくめて精神崩壊とか

うちだけなのかなぁ?と思うこともあるし
これが子育てか、とか割りきることもあるし

僕は仕事してる時間が多いけど
妻ちゃんはそれ以上に抱えて苦しくなってることもあると思うし(実際妻が壊れることもある)

運動会とか1つの側面も素晴らしいよ?
物体(赤ちゃん)が自我になり、集団になれる
こんな素晴らしいことはない
保育園の先生様のお陰様

こんな豆粒みたいな娘どもにも仲の良いグループはあるらしい

親はそれだけで安心

自分の社会を形成してる訳だから。

娘も息子も、子供だからといって僕ではない
それぞれの人。

足なんか速くなくていい
ピアニカなんか弾けなくていい
体操も体幹弱くてぐらぐらしてていい

ただ一生懸命に、楽しんで悔しくなって
最後に笑っててくれればいい


ピックアップ記事

  1. マンガの本棚6
  2. ただいまおかえりの日常
  3. 「自分に負けない」ということ。
  4. 【卒業式】大きなヘアアクセントはシンプルに
  5. 私に安息の日など無いむしろこのテンヤワンヤが最高の安息。

関連記事

  1. 一姫二太郎三なすび

    あたしの金メダル

    いつも通り家に帰りいつも通り妻ちゃんが息子とともに寝落ちしてい…

  2. 一姫二太郎三なすび

    お出かけ3人。

    夏から火曜日(休み)は子供と3人で過ごしていましたあんなに妻ちゃん…

  3. 一姫二太郎三なすび

    今日はお迎えの日でした。

    おばんです髙橋です。中々自分の自己紹介定型文が定まりません。…

  4. 一姫二太郎三なすび

    前髪切って泣いた3歳

    現役美容師の父です娘3歳、実はパパがずっと切っています最近…

  5. 一姫二太郎三なすび

    デレデレパパ

    親バカと言うのは「ウチの子はスゴい!」みたいなニュアンスでしょうか?…

  6. 一姫二太郎三なすび

    最近の子ども達

    毎朝の日課は子どもの安否確認ですどこにいるのか見当もつかない位置へ…

最近の記事

PAGE TOP