ブログ

アパートの鍵、返します。

久しぶりに演劇というものを観てきました

愛でしい愛でしい従姪が出演するというから。

何というか、まぁ期待はしていなかったし
面白ければ良いかなぁ、的な。

それがまぁ、まんまと騙されました

演じることが上手とか
そうゆうのは分からないですが姪っ子ちゃんの“女”を感じて
途中勝手にそわそわして

みんな10代後半~20代前半とさほど年齢は変わらないであろう

衣装のせいなのか、声色のせいなのか(声優科の方々だったので)
役にドハマりしていた様にみえた。
年齢すら違ってみえた。

スゴかった

ゲロ泣きしてしまった

めちゃくちゃ良かった

アパートの取り壊しの日、引っ越しするそれぞれの住人達
それぞれの過去とこれからへの想いとか

僕自身の36年の人生の中で
何となく経験したことがあるような、みたことあるような場面

ないか(笑)

クスッと笑って

ただ、帰りの電車で考えてしまう(ほろ酔いで)

「愛の形」

きっとそんなものの答えはないと思う

人それぞれ。それは、そうなんだけど僕にとっては3人の子どもとお店のスタッフと、妻ちゃん。パッと思いつくのはやはりそこくらい。

昨今は価値観の違いが隠されずによりオープンな時代になってきていると思う。
学び方も出会いも結婚も働き方も、発言でさえも
型が変形していっているのを肌で感じている

その中、出会い、過ごして、別れる

当たり前って思ってることこそ当たり前じゃない

失ってから分かるんじゃなくて失わなくても僕は大切にしたい

登場人物の誰一人として僕は共感はできなかったけどw

帰りの電車、何か妻ちゃんとLINEしながら子供達のこと考えてたら、しれっと最寄り駅を過ぎてましたとさ。


ピックアップ記事

  1. 今のウチからこの感触に慣れておくんだぞ。
  2. 高尾山にのぼってきたよ
  3. マンガと本だけは紙派2
  4. マンガの本棚6
  5. みかんむすめ

関連記事

  1. ブログ

    遅めの夏休み?な弾丸帰省

    長期休暇はとるものではなくて与えるもの。こんにちは高橋です。夏に色々あ…

  2. ブログ

    簡単にまとめると「お腹痛かった」週末。

    最後の記憶は、そう娘をお迎えにいった時か寒い夕方でブランケット…

  3. ブログ

    カメラロールにある写真の、本当の使い道

    2児の父でオーナー美容師です荒れ狂ってましたすいませんよく「僕…

  4. ブログ

    ただ単純に疲れていたからか元気もらったよ

    オマケ人生と最近は呼んでいます駄菓子のオマケほどワクワクするも…

  5. ブログ

    バックルームとは・・・

    美容師です。バックルームにはいつも「ちょっと食べられる」系のも…

  6. ブログ

    バスケットボールと僕とハサミ

    Bリーグが開幕でしたね久しぶりにテレビの前で白熱してみてました&n…

最近の記事

PAGE TOP