ブログ

ばあちゃんの一回忌

母方のばあちゃんが亡くなってちょうど1年

何度か一人でお墓まいりに行ったりしてて

今日はあっという間の1年

今だから言うけど葬式は出ようかどうか迷ってて

最愛のばあちゃんだからこそ
今日その場に僕がいなくても良い気がして

棺に入ってるばちゃん見るのが怖かった
火葬場の扉が閉じるのが怖かった

12月13日

美容室の12月は忙しいのが定説で
毎年毎年、カッコつけてた僕は12月になると体調を崩していた

今年は、忙しくすると言うより
ちゃんと枠を決めて仕事をしていて

冠婚葬祭には余裕を持って出席できる生き方をしていきたいなー
なんて思ってる

この年末12月のど真ん中にばあちゃんが亡くなったのは
「無理しすぎるなよ」
って言われているのだと、
無理やり休まなければいけない日を作られたのだと勝手に解釈している。

ばあちゃんの一回忌は子供夫婦、孫曾孫達だけで
なんて幸せなんだろうと思った。

順番順序。
ばあちゃんは生前「もう私しかいないから」ってフットワーク軽めに動いていた
のだけれど
そうか、僕らのピラミッドの頂点はばあちゃんだけだったのか

来月、子供が生まれる

当たり前だけど「高橋」と性がつく

ばあちゃんの性は、もう無くて
お墓もこれから年老いていく叔母達に任せっきりな訳にもいかないけれど

いつか終わることを、終わってしまったことを
区切りをつけなければいけない
お墓に手を合わせて
帰りに母とそんな話をした

お墓が3代、4代続いていくって本当に奇跡みたいな確率なんだと思った。


ピックアップ記事

  1. つい1週間前が夢を見ていたかのようになる感覚〜Xmasからお正月あけまで〜
  2. 【卒業式】大きなヘアアクセントはシンプルに
  3. そうか、34歳も最後か。
  4. マンガの本棚 29
  5. 仮)春に山形へ帰省します

関連記事

  1. ブログ

    たちこめていた雲の隙間からさしこむ月明かりのような2017年高橋の運勢とは

    あけましておめでとうございますいよいよ連休も佳境に入りました。…

  2. ブログ

    夏、高橋家、リア充風。

    書いてないと書いてないで溜まっていくようですが最近本当の意味での個々の…

  3. ブログ

    テレビの影響力を感じている裏でおきた高橋家の出来事

    おばんですTBSドラマ「カルテット」に一瞬使われた美容室BOLER…

  4. ブログ

    すこし振り返ってみるひよっこ経営者。

    連勤は8日目が山場。それ以降は何かに向かって変なテンションが続いて…

  5. ブログ

    過去からのプレゼント

    友人の結婚式から1日経てば非現実から普通に戻りもう少しだけ昔語り…

  6. ブログ

    僕らの青春時代

    僕には2つの青春時代、場所があります1つは山形市。美容学校職業…

最近の記事

PAGE TOP